カテゴリ / コラム モンテッソーリ的お片づけ術
一覧

モンテッソーリ的お片づけ術 ③「分類してみよう」

Domani 五味沙織です。今回のテーマは「分類してみよう」です!
前回のコラムでは、子ども部屋や家庭の中の環境を子ども目線で設定することの重要性などををお話しました。 皆さんのご自宅の見方も少し変化しましたか?

今回は、実際に子ども部屋のオモチャや本を分類していきましょう。

まずは簡単なところから…。絵本はどのようになっていますか?前回お話したように、季節の絵本やお気に入りの絵本、興味に合う絵本と、そうでない本を分けてみましょう。目安は多くてもだいたい10冊前後までです。なぜ10冊前後かというと、子どもが自分で選べる範囲だからです。あまり多すぎると落ち着いて選ぶことができません。

私たち大人もそうですよね?好きなものが沢山ある中から1つだけ選ぶのには色々迷ってしまいます。私は服が好きなので、ショッピングで長々と迷ってしまいます(笑)そんな感じを想像していただければわかりやすいかもしれません。これは、オモチャや本、モンテッソーリのお仕事を家庭に置く場合にも当てはまります。数を多く置けばいいわけではないということです。

さて、分類した本でしまうものは片付けましょう。また、オモチャにも共通しますが、年齢が過ぎて幼い不要だけどキレイなものは、どなたかに譲る、古本屋さんに持って行くなどなるべく捨てずに済むように活用してくださいね。

続いて、大変かもしれませんが、いよいよオモチャの分類をしていきましょう。 勇気を出して、今あるオモチャをすべて出してみてください!(笑)意外な物がオモチャの中から出てくることが多々あります。例えば、赤ちゃんの頃のガラガラが入れっぱなし、ママの探していたアクセサリーが出てきたり、中には靴下の片方など…。知らないうちに子どもが入れてしまっていることがあるんです。さらに出していくと、パーツの足りないオモチャや壊れたオモチャに気づくこともあります。そういった物は全て排除していきましょう。
01

次に、その残ったオモチャをジャンル別に分けて行きます。パズル系、おままごと系、電車系、積み木系………という感じです。すると、少しずつジャンルの偏りや、同じようなオモチャが多いことに気づきます。同じようなオモチャが多い場合は、子どもの興味や出来るレベルに応じて必要な物だけ残して、量を少なくしていきましょう。

そして、分類した物をさらに分類していきます。たとえば、電車のオモチャならレールと電車、小物類へ、おままごとなら食器と調理器具、食べ物類といった感じです。
02

また、モンテッソーリのお仕事も同様に同じようなお仕事ばかりないか、種類や量が多すぎないかチェックしてみてください。家庭でモンテッソーリのお仕事を置く場合は、日常生活の練習分野に限定して置くことが前提です。感覚や算数、言語といった専門教具は色も形も素晴らしく、とても魅力的に見えます。ご家庭に置いて使いたいお気持ちはよーくわかります!ですが、専門教具は私たちモンテッソーリ教師がきちんと使い方や関わり方を学んだ上で使うことで、その良さを発揮できるものです。ですので、どうか専門教具については専門家であるモンテッソーリ教師にお任せ頂けるようご理解頂けると嬉しいです。せっかくの素晴らしいモンテッソーリ教育が、正しい方向で子どもたちの糧となることを願っています。

次回は、これらの分類したオモチャやお仕事をどう収納または設置していくかについてお話させていただきます。


3/22(日) Domani五味さんのワークショップが開催されます。>>詳細はコチラ
>> Domaniホームページはこちら

p_gomi Domani/五味沙織   1980年生まれ
星美学園小学校~星美学園短期大学を経て幼稚園や幼児教室にてモンテッソーリ教師として勤務。
2008年2月に男児、2010年3月に女児出産。2011年よりDomaniとしてモンテッソーリ教育に基づいた家庭向け子育て支援活動を始め、現在に至る。
幼稚園教諭免許/モンテッソーリ教師資格/チャイルドマインダー/チャイルドカウンセラー/家族療法カウンセラー 有資格者
RECENT ENTRY 一覧

2018.09.24カテゴリ / BOOKS

自分で考えて動ける子になるモンテッソーリの育て方

2018.08.16カテゴリ / BOOKS

「マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」

2017.12.21カテゴリ / GOODS

ウォールクロック [fun pun clock/ ふんぷんくろっく]が2017年度グッドデザイン賞受賞!

2017.10.01カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

水をさわりたくて仕方がない!!

2017.09.19カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

町の看板をかたっぱしから読みまくる!

2017.09.17カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

通りすがりのブロック塀を歩かずにはいられない!