カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ
一覧

町の看板をかたっぱしから読みまくる!

「これってそういうことなんだ」シリーズ
痴漢
3歳も過ぎてくるとお話しも段々上手になってきて、文字にも興味を示しはじめます。はじめは自分の名前の文字など、身近な文字の形と読み方を覚えることから始まるかもしれません。

「あれなに?」「こっちは??」
と質問攻め💦にあうかもしれませんが、繰り返し「まこちゃんの『ま』だね!」「りんごの『り』だね~」と楽しく会話しながら、知識が広がる喜びを感じさせてあげましょう!

段々と読める文字が増えてくると、町中のひらがなを読み始めます(汗)大きな声で1語ずつ「や!」「す!」「ら!」「ぎ!」などとまずは拾い読み。まだ言葉としての認識はなく、覚えた記号を口に出すといった感じです。
たまに口に出してもらいたくないひらがなも堂々と読みますが(笑)、覚えたひらがなは発音せずにはいられない時期なので、「うんうん、順調に言語を習得している証拠だわ💦」と大目に見てあげてくださいね!
子どもたちは、文字の形と音をどんどん覚えて、次に『書く』ことへの大切な準備をしています。


モンテッソーリ教師のちょっと解説『言語の習得』
モンテッソーリ教育では、言語の習得は
(1)聞く→(2)話す→(3)書く→(4)読む
の順に進んでいくと考え、それに応じた援助をしていきます。

『聞く』は耳の準備が整う胎生7か月頃から始まり、ママの声はもちろん周囲の音も記憶し始めます。
喃語の時期を経て、1歳くらいには理解できる言葉が混ざりはじめ、そこからどんどん名詞を覚えはじめます。2語文でのおしゃべりが始まり、3歳くらいには『話す』の爆発期が訪れます。

次に『書く』ことに強い興味を持ち始めます。これまでに日常生活で十分に指先を動かす活動を行ってきた子は、3指(親指・人差指・中指)を使い筆記用具をスムーズに動かし、書きたい欲求を満たすことができます。

そして最後に『読む』ことができるようになります。ここで言う『読む』とは、本文にあるような拾い読みの意味ではなく、言葉の意味を理解しながら読むことを指しています。

p_miyuki モンテッソーリポータル「バンビーノ」ライター/池角深雪   モンテッソーリ国際教師 幼児教室の講師を経て、AMI(国際モンテッソーリ協会)公認の国際ディプロマ(2.5〜6+歳、0〜3歳)取得。おもちゃコーディネーター取得。
現在、都内のこどもの家勤務中。
2018年7月7日(土)パパ&ママのためのモンテッソーリ勉強会「子どもの心が育つメカニズム」モンテッソーリ教育からのアプローチ開催します。詳しくはこちら
RECENT ENTRY 一覧

2018.09.24カテゴリ / BOOKS

自分で考えて動ける子になるモンテッソーリの育て方

2018.08.16カテゴリ / BOOKS

「マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」

2017.12.21カテゴリ / GOODS

ウォールクロック [fun pun clock/ ふんぷんくろっく]が2017年度グッドデザイン賞受賞!

2017.10.01カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

水をさわりたくて仕方がない!!

2017.09.19カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

町の看板をかたっぱしから読みまくる!

2017.09.17カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

通りすがりのブロック塀を歩かずにはいられない!