こどもの手の発達には段階があります。

2021.02.28 カテゴリー: ICクラス

★生後5ヶ月くらい
手のひら全体で物をにぎる

★8〜9ヶ月くらい
親指が他の指と相対して、1本ー4本でつかむ

★12ヶ月くらい
物をつまみ始める 
親指1本と人差し指と中指の2本で

★1歳半くらい
親指と人差し指の2本で、直径2cmくらいの物も上手につまむ🤌
➡️ バンビーノの2歳前のおこさんたちも、テラスにはらはらと落ちた梅の花びらを上手につまんで拾っていますね😊

★2歳〜
洗練されて直径0.5cmのものもつまめるようになる

小さなこどもたちは「手をたくさん使いたい!」という欲求を持っています。
環境の中に手を使う機会が十分にあると、その欲求は満たされ、また手の動きもどんどん洗練されていきます😊

私たち大人は、こどもたちの心と身体がバランスよく発達していけるよう環境を整えてサポートしていきたいですね😉


東京世田谷区の上野毛モンテッソーリこどものいえ「バンビーノ」
↓まずは見学からどうぞ!(バンビーノ見学申込みフォーム)
1歳半からお通いいただけます。