掛けて、はずすがブーム

2021.03.06 カテゴリー: ICクラス, 日常生活の練習

『手より脳にものをたくさん与えてはいけない』

というマリア・モンテッソーリの言葉があります。【手は突き出た脳】とも言われ、手をたくさん使うことが脳への刺激となり、こどもたちの心と身体のより良い発達を助けてくれます😊✨

☝️最近のブームは掛ける・はずす
小さなお子さんが細い紐を上手に掛けたりはずしたりするためには、両手で紐をつまむ必要があります。この活動は手のつまみの洗練を促す他にも、両手の協調・目で見て狙う意志・達成感✨などなど、多くの学びの要素が詰まっています🌱

おうちでもコートやタオルなど掛ける場所を決めて、お子さんが自分でできるように工夫するとGOODですね😉✨(紐は少し長めにしてあげましょう!)

大人が見たら何気ない動作ですが、小さなお子さんは一生懸命に自分を作っているので、簡単に手を出さずにそっと見守る時間も大切です😊


東京世田谷区の上野毛モンテッソーリこどものいえ「バンビーノ」
↓まずは見学からどうぞ!(バンビーノ見学申込みフォーム)
1歳半からお通いいただけます。