自然のサイクルを学び環境を大切にする心を育てよう(ミミズコンポスト)

2020.11.22 カテゴリー: プライマリークラス, 自然のサイクル

バンビーノの小さなお庭の片隅には
「ミミズコンポスト」があります。

コンポストとは堆肥のことで、生ごみや落ち葉などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させ堆肥にするものです。

バンビーノでは、クッキングなどで出た生ゴミをミミズに食べてもらい堆肥を作っています。
できた堆肥は畑に利用されて、また美味しい野菜が実り、循環していきます。

プライマリークラスのこどもたちに、ミミズコンポストをご紹介し、バナナの皮をあげてもらいました。
初めて見るミミズに興味津々👀のこどもたち。
女の子たちも怖がらずにミミズにエサをあげて上から土をかけていました。

ここで飼っているミミズはシマミミズです。庭から掘ると出てくるような大きさのミミズは有機物を食べません。体長は5cm~10cm程度(大人) と意外と小さいです。調理くずや食べ残しなどの有機物を食べて堆肥に変えます。年中無休で働く、地中の働き者です。

未来を担うこどもたちが自然のサイクルを学び環境を大切にする心が育つように…種まきをしています😉

ミミズコンポストの特長

1. 臭わない
ごみが臭うのは酸素が無い所でごみが腐るからです。ミミズコンポストでは酸素が行き渡った状態で生ごみを腐らせ、ミミズが食べるので臭いはほとんどしません。一度臭いを嗅いでみて下さい。驚かれると思います。

2. 電気を使わない
ミミズで生ごみを処理する為、電気は全く使用しません。又、ランニングコストなども全く掛りません。

3. 場所をとらない
ミミズコンポストは、小さなスペースで生ごみを処理できます。ベランダ、庭、軒下等のスペースで出来ます。

4. 良質な堆肥が出来る
ミミズコンポストで生ごみを処理すると大変良質な堆肥ができます。