カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ
一覧

通りすがりのブロック塀を歩かずにはいられない!

モンテッソーリ教育で解決! 子どもの「これってそういうことなんだ」シリーズ
ママとお散歩中にこんな経験はありませんか?illust

たいていの子どもは、ちょうどよい高さの段差や塀の上を必ず登って歩きたがりますよね!しかも急いでいる時に限って!!(笑)

これを無理やり降ろしたり阻止したりしようものなら、グズグズグズグズ・・といつまでもご機嫌ナナメで困った~💦なんてことありませんか?

これ、実は2、3歳くらいの子どもにとってはとーっても必要なことなんです。

歩くのが上手になったこの時期の子どもたちは、自分の運動能力を向上させるために、日常生活の中で人知れず様々なトレーニングをしています。これもその一つで、『平衡感覚』をせっせと磨くためにやっているのです。

子どもは生まれながらに自分が今すべきことがちゃんとわかっていて、必要な時期に必要なことをしています。
この時期(運動の敏感期)だからこそ、なのです。

「うん、この動きはもう大丈夫だな」
と目指す運動を獲得できると、自然と次のステップへ移行し、パタッと興味を示さなくなるのでご安心ください!

それまでは安全を確保しつつ、周りの大人はそれをなるべく邪魔しないようにサポートしてあげることがとても大切です。
すると子どもたちは本来の姿に育っていくことができるのです。

※運動の敏感期(誕生から4歳半くらいまで)


モンテッソーリ教師のちょっと解説『運動の敏感期』
6歳くらいまでの子ども達には、様々な「敏感期」と呼ばれる時期があります。
子どもたちにある特定の期間、この敏感期が訪れるということを、マリア・モンテッソーリは観察を通して発見しました。

言語の敏感期、秩序の敏感期、感覚の敏感期、社会性の敏感期、運動の敏感期など長さやピークが異なる時期があり、子どもたちはみなぎるエネルギーにつき動かされて様々な事柄を習得しようとするのです。

『平衡感覚』を身につけるために誰に言われることなく努力できるのは、まさに運動の敏感期の真っただ中にいる子どもだからなのです。

何かに懸命に集中している子どもの姿を見かけた時は、「ん?もしかして敏感期かしら?」と見守ってみることも大切です。子どもは心も体も満たされて、より良い発達へと向かっていくことでしょう。

p_miyuki モンテッソーリポータル「バンビーノ」ライター/池角深雪   モンテッソーリ国際教師 幼児教室の講師を経て、AMI(国際モンテッソーリ協会)公認の国際ディプロマ(2.5〜6+歳、0〜3歳)取得。おもちゃコーディネーター取得。
現在、都内のこどもの家勤務中。
2018年7月7日(土)パパ&ママのためのモンテッソーリ勉強会「子どもの心が育つメカニズム」モンテッソーリ教育からのアプローチ開催します。詳しくはこちら
RECENT ENTRY 一覧

2018.09.24カテゴリ / BOOKS

自分で考えて動ける子になるモンテッソーリの育て方

2018.08.16カテゴリ / BOOKS

「マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」

2017.12.21カテゴリ / GOODS

ウォールクロック [fun pun clock/ ふんぷんくろっく]が2017年度グッドデザイン賞受賞!

2017.10.01カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

水をさわりたくて仕方がない!!

2017.09.19カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

町の看板をかたっぱしから読みまくる!

2017.09.17カテゴリ / コラム これってそういうことなんだ

通りすがりのブロック塀を歩かずにはいられない!